新着薄毛コラム

■傷んだ髪のために必要なこと

 近年、ヘアカラーやヘアアイロンの熱、シャンプーブラシによるこすり洗いなどヘアケアを含めた髪への負担が、髪の傷みの原因となります。毛髪は、生きている細胞ではないため再生はできません。よって日常のヘアケアが大切になります。髪は、肩まで伸びるのに2年半かかります。そのためその期間中にいかにダメージを与えずに過ごすかが大切です。

 今回は、日常のヘアケアの基本であるシャンプーについてご案内していきます。
女性も男性も健康的で美しい髪を保っていきましょう。

●髪の構造

 美しい髪では、毛髪の中心部のメデュラ、その外側にケラチンで構成されたコルテックス、それをタンパク質の膜であるキューティクルが覆い、それらががきれいに整った構造で構成されています。
ダメージによってキューティクルの層が乱れて剥がれたり、毛髪内に空洞化が起きると傷んだ髪になっていきます。
 特にキューティクルの各表面には、MEA(18-メチルエイコサン酸)と呼ばれる脂質成分が存在し、髪の美しさや手触りに重要な役割を果たしています。毛髪は生きている細胞ではないため、一度傷んでしまうと修復は困難になります。そこでヘアケアで、表面と内部を補修することになります。

■ダメージを受けた傷んだ髪
 ・キューティクルの乱れ
 ・MEA(18-メチルエイコサン酸)の減少
 ・コルテックス内部の空洞化
 ・メデュラの多孔質化

●シャンプーの洗髪で傷む髪

  1960年代は週に1回くらいの洗髪が、1990年代以降はほぼ毎日の洗髪頻度になっています。
 髪は乾いているときよりも、濡れているときの方が傷みやすくなります。
 また1回のヘアカラーよりも毎日の洗髪の方が髪への負担は大きくなります。

●髪をいたわる洗髪の仕方

 ・水洗いにより、手ぐしが髪を梳かし、大まかな汚れを落とします。
 ・シャンプーは、泡立ててから頭皮の中心につけます。
  傷んだ毛先に直接シャンプーを付けるとシャンプーがしみこんでしまいます。
 ・地肌を中心にマッサージするように洗います。
 ・毛先は絶対にこすり洗いしないで下さい。毛先の汚れは泡だけで十分落ちます。
 ・たっぷりのシャワーで十分にすすぎましょう。
  髪や頭皮がぬるぬるするときはすすぎが足りていません。
 ・コンディショナーは逆に頭皮にはつけずに、毛先を中心につけましょう。
 ・タオルドライもこすらずに行ってください。
  タオルで水分を吸い取るように水気を取っていきます。
 ・髪は早くドライヤーで乾かしましょう。
  ドライヤーは髪に強く熱い風が当たらないように少し離して使用します。
  強くひっぱりながら乾かさないように心掛けてください。
  ドライヤーは、髪全体が完全に乾くまで使用しましょう。
 ・髪が乾いた後に冷風をあてると、髪がまとまりやすくなります。

薄毛においても日常のヘアケアはとても大切です。
シャンプーの仕方次第でも髪は変わります。

札幌中央クリニック AGA・薄毛治療


  • 男性のための薄毛治療:女性はこちらへ
  • 女性のための薄毛治療:女性はこちらへ
  • オンライン処方:電話で問診、お薬を郵送で処方。
クリニック案内
札幌中央クリニック
〒060-0042
札幌市中央区大通西2丁目
5番都心ビル4F
【予約受付】
9:30 - 19:00 (土・日・祝も診療)
【診療時間】
10:00 - 18:00 (休診日:不定休)
ページの先頭へ戻る