電話する メール相談
  1. AGA・薄毛専門サイト > 
  2. 男性のためのAGA治療 > 
  3. 脱毛症の原因

脱毛症の原因

AGAの原因は主に男性ホルモンの減退とヘアサイクル(毛周期)の乱れ。

髪の毛には1本1本寿命があり、毛の生え変わるサイクルを毛周期(ヘアサイクル)といいます。正常なヘアサイクルであれば薄毛になることはないのですが、男性ホルモンの一種であるDHTが原因でAGAは起こります。DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が皮脂腺にある「5α-リダクターゼ」という酵素の働きで変化したものです。DHTは思春期を過ぎた頃から増加して、毛包に作用して毛髪の成長期を少しづつ短くしていきます。そうすると、毛髪が太く成長する前に脱毛してしまいます。

ヘアサイクル(毛周期)って、なに?

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの変化により正常なヘアサイクルが乱れることで発症します。髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、髪の毛が太く成長している「成長期」、毛乳頭細胞が毛根深部に小さく退縮し、毛髪の伸長が低下する「退行期」、さらに毛乳頭細胞が活動を止め、成長を停止した毛髪が脱落する「休止期」という3つのステージを繰り返しています。
ヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなり毛髪が太くなる前に成長が止まり、生え変わってしまいます。この未成長の髪の毛が多くなった薄毛の状態がAGA(男性型脱毛症)なのです。
遺伝との因果関係・・・
AGA(男性型脱毛症)は遺伝によるものが多いといわれていますが、どの遺伝子が原因であるかは、現在分かっていません。脱毛を誘発する「5αリダクターゼ」が遺伝で生まれつき多い方は、AGAの症状がでやすいと考えられています。
当院では、AGA遺伝子検査を行っています。
抜け毛が多く、将来の薄毛になる可能性があるのでは…と心配の方は、遺伝子検査することをおすすめします。

ストレスや食事・生活習慣も影響

ストレスを強く感じることで、自律神経のバランスが乱れます。その結果、血液の流れが悪くなり、頭部(毛乳頭)まで髪の毛の成長に必要な栄養が行き届かなくなります。また、食事や生活習慣も薄毛の原因となります。栄養バランスの悪い食事で髪の毛の主成分であるタンパク質が不足すると髪の毛は細くなっていきます。喫煙や睡眠不足を続けると新陳代謝が悪くなり、ヘアサイクルの乱れの原因となってしまいます。バランスのよい食事と適度な運動をすると、ストレス解消にもつながります。
  • お薬から始める薄毛治療
  • 医院のり換え割

札幌中央クリニックのAGA治療

札幌中央クリニックでは、医学的根拠に基づいた多角的な薄毛治療を行っています。

  • HARG療法
  • 毛髪再生治療
  • 内服薬
  • 外用薬
  • メドジェット注入法
  • AGA検査

アクセス

GoogleMapで地図を見る

札幌中央クリニック札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F

●札幌市営地下鉄 大通駅19番出口直結
(南北線、東西線、東豊線)

●JR札幌駅から徒歩約10分、タクシーで5分
平成23年春より札幌駅より当院まで全て地下通路でアクセスが可能になりました

●中央バスターミナルから徒歩5分

アクセスマップ

薄毛は医療機関での治療で解決できます。お一人で悩まず、ご相談ください。

  • 0120-013-609
  • メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP