電話する メール相談
  1. AGA・薄毛治療 > 
  2. 男性のAGA・薄毛治療 > 
  3. AGA(男性型脱毛症)について

AGA(男性型脱毛症)について

生え際(M字)や頭頂部の薄毛
日本人男性の約30%がAGAの傾向があります。

AGA(男性型脱毛症)について
AGAとは「男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)」の略称です。男性型脱毛症は、ヘアサイクル(毛周期)を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期の毛包が多くなる状態となり、前頭部や頭頂部の頭髪が, 軟毛化して細く短くなり、最終的に毛髪が見られなくなる現象です。日本人男性の場合は、20 歳代後半から 30 歳代にかけて見られ始め、徐々に進行して 40 歳代以後に完成されていきます。
25 年前の日本における男性型脱毛症の統計から、日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%と報告されています。この発症頻度は現在もほぼ同程度とされており、20代で約10%、30代で20%、40代で30%,50 代以降で40数%と年齢とともに高くなります。男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関係しています。

AGA(男性型脱毛症)の分類と進行パターン

男性型脱毛症の分類として緒方の分類、欧米ではNorwood の分類があります。現在わが国ではNorwood の分類に高島分類の頭頂部が薄くなる II vertex を加えた分類が広く使用されています。
AGAが進行していくパターンとして、3つの薄毛の広がり方があります。額の中央部の生え際と頭頂部の両方から広がっていくタイプ、生え際の両サイドが特に進行するM字型タイプ、生え際全体から頭頂部薄くなっていくタイプなどがあります。

生え際と頭頂部
生え際と頭頂部
生え際と頭頂部の両方から薄毛が広がるパターン。
日本人に多くみられます。
生え際・M字
生え際(M字型)
特に生え際の両サイドから広がりM字になっていくパターン。
西洋人に多くみられます。
生え際全体の後退
生え際全体の後退(U字型)
生え際全体から頭頂部に向かって全体に広がっていくパターン。
このまま薄くなるのが心配
色々試したけど効果がない…
当院へご相談・カウンセリングにご来院される方には、色々試したけれど効果が得られなかった…、続けるのが大変…、遺伝だと思って諦めていた…など様々です。AGAは進行性のため、そのままにしておくと範囲が広がっていく傾向があります。薄毛が気になったら、早めの対策が大切です。
  • お薬から始める薄毛治療
  • 医院のり換え割

AGA・薄毛治療

札幌中央クリニックでは、医学に基づいた多角的な薄毛治療を行っています。

  • HARG療法
  • 毛髪再生治療
  • 内服薬
  • 外用薬
  • メドジェット注入法
  • AGA検査

アクセス

GoogleMapで地図を見る

札幌中央クリニック札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F

●札幌市営地下鉄 大通駅19番出口直結
(南北線、東西線、東豊線)

●JR札幌駅から徒歩約10分、タクシーで5分

●中央バスターミナルから徒歩5分

アクセスマップ

薄毛は医療機関での治療で解決できます。お一人で悩まず、ご相談ください。

  • 0120-013-609
  • メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP